8月から始まった “信州の山の文化財トレッキングツアー” も第4回目の今回が最終トレッキングとなりました。
やはり最終回となれば緊張感は高まり、前夜はシュミレーションを頭の中で描きながらの就寝。
過去3回何事もありませんでしたが、最終回の今回は、岩地や急登など難場が随所にある荒業修行の山 “弘法山” 少人数ならこれほど緊張することはない山ですが、総勢40名、しかも山頂間近では霧雨が降り始め、無事下山出来ることだけに集中しました。
そして・・・
午後1時30分、下山口の前山寺に誰一人扱けることなく辿り着いた時、全身の気が抜けたのを覚えました。
「嗚呼、やっと終わった・・・」
4回の各トレッキングツアーをガイドした信州山岳クラブのトレッキングガイド諸氏に、改めて感謝する次第です。
来年もオファーがありましたら、行程が長くても恐い場所がなく安心出来る山を選択しますので、今年度同様よろしくお願い申し上げます。