登山を安全に永く続けるための僕自身が培ってきた秘訣です。
■仕事や勉強と一緒、楽しくなければ続かない。
二年前現役引退するまで約40年間努めてきた仕事、生活のためも多少ありましたが、一番はその仕事が楽しかったおかげで挫折もせず永くやってこられたのです。趣味も一緒です。楽しくなければ趣味と言えません。記録を競うスポーツと異なり、趣味としての登山は競争するものではなく、やはり楽しんでこそ趣味と言えるのです。
しかし趣味としての登山には “困難は克服、危険は回避” が付随してきます。その困難を楽しく克服するためにも “自然の摂理” を知ることが必要となってきます。
“自然の摂理” が解り始めると、いろいろな登山技術が身に付いてきます。 “自然の摂理” を知らずして登山技術だけを覚え “困難を克服” しようとする登山者は、楽しくなければならない趣味が、一転して遭難予備軍となってしまいます。楽しい趣味で遭難するなんて “愚の骨頂” です。
(信州山岳塾:岩渕記)